むつ市では平成23年度より、市民の皆様の消費生活の安全及び向上を確保するため「むつ市消費生活センター」を開設し、消費生活に関する相談に対応するとともに、出前講座や広報・コミュニティFMを通じた情報提供を行っております。
 さらに平成26年度からは、大間町・東通村・風間浦村・佐井村との広域連携を開始し、専門の相談員2名体制で下北地域の皆様から年間400件以上の相談に対応しております。
 近年の消費者を取り巻く環境は、少子高齢化の影響やスマートフォンの普及など絶えず変化しており、光回線の契約変更に関するトラブルや若者を中心にインターネットを介した消費生活相談も多く発生しております。一方、高齢者を中心に被害が発生している特殊詐欺や、公的機関を名乗り「未払い料金があるため訴状が提出された」などと書かれたハガキによる架空請求も、年々手口が巧妙化しており、継続的な被害防止対策が必要となっております。
 こうした被害やトラブルの未然防止のため、むつ市では引き続き消費生活センターの体制整備・強化を図り、消費者行政の推進に取り組んで参ります。

 

令和2年1月23日
むつ市長 宮下 宗一郎