平成29年分の給与支払報告書につきまして、以下にご留意のうえ、提出していただきますようお願いいたします。
 

提出期限

 平成30年1月31日まで(なるべく1月22日までにご提出ください。)

提出枚数
  • 給与支払報告書 『総括表』 … 給与支払者 1枚
            『個人別明細書』 … 給与所得者個人ごと 各2枚
  • 普通徴収への切替届出書 … 該当する分を提出
対象者についての留意点
  1. 対象者は、平成30年1月1日現在、むつ市に居住する方です。
  2. 年の途中で退職された方について、平成29年中の給与支払額が30万円以上であれば提出していただくことになりますが、30万円未満の少額の給与受給者についても、可能な限りご提出ください。
  3. 上記1に該当する方がいない場合、給与支払報告書のむつ市への提出は不要です。
『普通徴収への切替届出書』に関する留意点

 法定要件に該当するすべての事業所が特別徴収義務者になりましたが、法定要件に該当しない事業所や、退職予定者がいる場合には、『市町村民税・県民税の普通徴収への切替届出書』に必要事項を記入して、給与支払報告書と一緒に提出してください。

法定要件に該当しない場合

A 総受給者が2名以下
B 他の事業所で特別徴収
C 給与から税額が引ききれない
D 給与の支払いが不定期
E 事業専従者
F 退職者又は退職予定者(※)

※「F 退職者又は退職予定者」について、平成30年になってから退職した、または退職予定の従業員のみ、この届出書に記入してください。平成29年中に退職していた従業員については、『給与支払報告書』の退職欄・退職年月日欄に記載するのみで、この届出書は不要です。

 上記以外で平成30年度の特別徴収が不可能な場合、税務課までご連絡ください。

『総括表』の記載に関する留意点

「連絡者の氏名および所属課・係名ならびに電話番号」欄には、電話番号も忘れずにご記入ください。
「指定番号」欄には、本年5月にお送りした「特別徴収税額の通知書」に記載されている「指定番号」を記入してください。(平成29年度に特別徴収を実施している事業所)

『個人別明細書』の記載に関する留意点
  1. 給与所得者、被扶養者の個人番号が必要ですので、忘れずに記載してください。
  2. 「摘要」欄には、次の事柄について忘れずにご記入ください。
  • 控除対象配偶者名および扶養親族名
  • 国民年金保険料等の金額
  • 年末調整で前職分を加算した場合、前職事業所名、前職分の収入金額、社会保険料等の金額、および源泉徴収税額
  • 住宅借入金等特別控除可能額と居住開始年月日
  1. 「配偶者の合計所得」、「新生命保険料の金額」、「旧生命保険料の金額」、「介護医療保険料の金額」、「新個人年金保険料の金額」、「旧個人年金保険料の金額」、「旧長期損害保険料の金額」の各欄(「摘要」欄右のイ・ロ・ハ・ニ・ホ・ヘ・ト欄)への記入漏れがないか、ご確認ください。
様式ダウンロード
給与支払報告書(総括表)

 給与支払報告書(総括表).pdf [107KB pdfファイル]  

 給与支払報告書(総括表).xls [36KB xlsファイル] 

※A4サイズで印刷し、2等分になるよう切断してご使用ください。

普通徴収への切替届出書

 普通徴収への切替届出書.pdf [93KB pdfファイル] 

 普通徴収への切替届出書.xls [35KB xlsファイル]