届出人
  • 戸籍の筆頭者及び配偶者
 届出期間
  • 届出した日から法律上の効力が発生します
 届出地
  • 届出人の本籍地、新しい本籍地、住所地、所在地のいずれかの市区町村役場
 必要なもの
  • 転籍届書
  • 届出人の印鑑
  • 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)

※同一市区町村内の転籍で本籍地に出す場合、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)は省略できます

 その他
  • 同じ戸籍に記載されている方全員が異動します。
  • 転籍届を出されても住所は変わりません。また、住所を移しても本籍は変わりません。
  • 市区町村をまたいで転籍をした場合、以前の戸籍は無くなるわけではなく、「除籍」という形で残ります。相続手続などで過去の戸籍を全部揃えるときは、それぞれの本籍地で除籍の謄・抄本を申請してください。
  • 届出の時点で既に除籍になっている方は、新しい戸籍には記載されません(筆頭者を除く)。また亡くなられた筆頭者についても、出生、婚姻、死亡等の事項が原則として新しい戸籍には記載されません。