事例貴金属のイメージ図

不用品など何でも買い取ると電話があり来訪してもらった。業者の男性は用意していたものはざっと見ただけで、「貴金属はないか。」としつこく聞いてきた。「ない。」と答えると、絶対になにもないか。うそになるよ。」などとあまりにもしつこく言われ、仕方なく金のネックレスなど4点をみせたところ、「それを売ってほしい。」と言われた。断ったが男性の様子が怖かったし、なかなか帰ってくれないため、あきらめて売却し2万円ほど受け取った。冷静になると大切なものを売ってしまったという後悔が強くなり、数日後「返してほしい。」と連絡したが、「すでに手元に無いし、クーリング・オフはできない。」と断られた。本当にクーリング・オフはできないのか。(70代女性)

 アドバイス

訪問した業者に貴金属等を買い取られる「訪問購入」に関する相談が依然よせられています。これまではクーリング・オフの制度はなく、後になって返品を求めても「すでに処分した。」などと言われ取り戻せないケースがほとんどでした。
しかし、平成25年2月21日より、訪問購入についてもクーリング・オフが導入され、今後は法律で定められた書面を受け取った日を含めて8日以内であれば無条件に取り戻すことができるようになりました。ただし、クーリング・オフが適用されない商品など例外もあるので、注意が必要です。何よりまず、売却したくない場合はきっぱりと断りましょう。

困ったときは、むつ市消費生活センターにご相談ください。

むつ市消費生活センター(市産業雇用政策課内)

電話:0175-22-1353(直通)
相談時間:土曜日、日曜日、祝日を除く 8時30分から17時15分まで

土曜日、日曜日、祝日は消費者ホットライン(188番)へおかけください。