質問 

 固定資産の名義変更等があった場合、口座振替は継続されますか。

回答 

 固定資産税は、納税義務者ごとに個人番号を持っています。

 例えば、固定資産の相続があって、納税義務者が変わった場合や、共有名義の固定資産税の持分に変更があった場合は個人番号が変わります。新所有者がもともと口座振替をしている場合はその口座から振替されますし(個人番号をご確認下さい)、新たに口座振替を希望する場合は申込手続きが必要になります。