むつ市空家等対策計画

 

 むつ市空家等対策計画は、空家等対策の推進に関する特別措置法第6条に基づく計画となります。

むつ市空家等対策計画は、空家等に関する対策についての基本理念等を定めることにより、本市における空家等に関する対策を総合的かつ計画的に実施し、生活環境の保全を図るとともに、空家等の活用を促進し、地域力の維持に役立てることを目的とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お知らせ

2018年4月2日

4月2日付で、むつ市空家等対策計画を公表しました。

2018年1月25日

2017年12月8日から2018年1月6日まで行われたパブリックコメント【むつ市空家等対策計画(案)に対するご意見を募集します】では、寄せられたご意見はありませんでした。

2017年12月8日

むつ市空家等対策計画(案)についてパブリックコメントを実施しています。

締切日は2018年1月6日です。

2017年11月16日

第1回むつ市空家等対策協議会が開催されました。

むつ市の空き家・空き地対策にあたって

 人口減少、少子化、超高齢社会が進行する中、大きな問題となるのが空家の増加です。

 管理不十分な空家等(空家、土地に付着する工作物、樹木、看板など)は、防災・防犯・安全・環境・地域の活性化・景観などの面から市民生活に多大な悪影響を及ぼすものであり、すでに市民の方から相談が寄せられるようになっています。

 こうした中、空家等を適正に管理しようと2012年12月に「むつ市空き家等の適正管理に関する条例」を制定し、危険な空家について対策を推進しようとする中、2014年11月27日には「空家等対策の推進に関する特別措置法(以下、「法」とします。)」が公布され、空家等に係る対策の強化を図ることができるようになりました。

 そこで、法に基づき、「むつ市空家等対策協議会」を立ち上げ、「むつ市空家等対策計画」を策定することで、危険な空家等への対策に重点を置きながら、空家等対策の推進を図ることとしました。

むつ市空家等対策協議会

法第7条に基づく協議会となります。

協議会の委員

  1. むつ市長
  2. 公益社団法人 青森県宅地建物取引業協会 下北むつ支部長
  3. 一般社団法人 青森県建築士会下北支部 支部長
  4. 下北建設業協会 会長
  5. 都市再生推進法人 田名部まちづくり株式会社
  6. 青森県下北地域県民局地域整備部長
  7. むつ警察署長
  8. 青森地方法務局むつ支局 支局長
  9. 下北地域広域行政事務組合 消防本部 消防長

空家等対策事務局

市では、下記の3課が連携し空家等対策を進めています。

総務部防災安全課

特定空家等による災害除去、空家の譲渡所得の3,000万円特別控除の相談窓口、協議会事務局

都市整備部都市計画課

空家等対策計画の策定・見直し

都市整備部まちづくり推進課

空家等の活用・住宅政策の検討