坂本謙二先生(県立田名部高校)のむつ市のうまいレシピ

材料(4人分)
  • おでんの画像大根 1本
  • こんにゃく 2個
  • 焼き豆腐 2丁
  • コンブ 10センチ四方2枚
  • 焼き干し 10匹以上
  • 日本酒、しょうゆ、塩、和辛子
 これは、あくまでも焼き干しの美味しさを味わうためのものなので、チクワ、カマボコ、さつま揚げなどの練り製品は、入れないほうがスッキリします。せいぜい入れても焼き豆腐の代わりに、油抜きした厚揚げくらいでしょうか。

だしをとる

  1. だしコブと焼き干しを水に入れておき半日くらい置いておく。
  2. 中火であたため、沸騰したら、コブだけ取りだし、食べやすい大きさに切りそろえて、再び鍋に入れる。
  3. このコブは細長く切って結び、おでんの具ざいとして後で食べます。焼き干しはそのまま入れておく。

こんにゃくの下ごしらえ

  1. こんにゃくに塩を振りスリコギ等で軽く叩く。
  2. 水洗いしてから大きく四等分し、5ミリ間隔で網目状に浅く切れ目を入れておく。
  3. ゆでこぼして石灰臭を取り除いておく。

大根の下ごしらえ

  1. 1本の大根を、まず8センチ位の間隔で輪切りに、次いで皮を桂むきにして取り除き、本体を半分の厚さの輪切りにし、面取りをします。(大根は煮崩れしにくいので面取りしなくてもかまいません)
  2. 裏面に浅く十文字に切れ目を入れ、味がしみこみやすいようにしておく。これを米のとぎ汁でゆでこぼし、冷水にとり、表面をきれいにし、再び水からゆで、透明感がでてくるまで煮ておきます。

おでんを煮る

  1. こんにゃく、大根、焼き豆腐を、だし汁にいれ弱火で煮る。
  2. 味付けは、日本酒、塩少々、しょうゆで、あくまでも汁が澄んだ状態でいるように、アクを取りながら気長に煮ます。