市では、これまで出稼労働者援護事業の一環として、市内3医療機関において、出稼労働者が健康診断にかかる検査料の一部を市が助成させていただいておりました。しかしながら、社会情勢の変化と当事業の公益性を鑑みた結果、今年度(2015年3月31日)を以て終了することなりました。出稼労働者の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 なお、市では、国民健康保険加入者で一定の年齢要件を満たした方を対象に、特定健診(無料)、人間ドック(自己負担10,000円)といった健診制度がありますので、お知らせします。

 ただし、受診内容等は異なります。

詳しくは

市国保年金課国保グループ、電話番号22-1111(内線2432から2435)

「出稼労働者健康診断」受診料の料金変更について

 出稼労働者健康診断の受診料については、平成18年度で、国における出稼労働者援護事業に係る補助制度が廃止されたことにより、県においても市への委託事業として実施してきた同事業が廃止されました。市では、国、県の事業は廃止されたものの、出稼労働者健康診断は必要な事業と考え、平成19年度から市単独事業として行っております。平成21年4月1日以降からは、検査料のうち、3,500円を自己負担として医療機関窓口で負担していただいております。
 ※実施医療機関:むつ総合病院、大畑診療所、脇野沢診療所

 なお、市では、出稼労働者健康診断以外にも、特定健診、がん検診、人間ドックといった健診制度がありますので、こちらもご利用ください。
 ※出稼労働者健康診断以外の健診につきましては、受診結果が出るまでに日数が
かかりますので、余裕を持って受診していただきますようお願いいたします。