調査員について募集は終了しました

 調査員として活動してみたいという方は報酬も支払われますのでご検討ください。感染症対策を実施したうえで行いますので、ご協力をお願いします。
 業務内容は1地区70件前後の事業所を担当し、調査票の配布・回収などを行っていただきます。
 なお、応募多数の場合など割り当てできない場合がありますので、あらかじめご了承願います。

・調査員総数 34名(統計協会、登録調査員、一般公募を含む)
・募集期間 令和3年2月26日(金)まで
・報酬  4~6万円前後(所得税、対象事業所数、回収数などにより報酬額が変わりますのでご了承願います)
・任命期間 令和3年4月26日から令和3年6月25日の予定
・説明会 4月下旬~5月初旬に開催予定
・感染症対策用品としてマスク・除菌シート・ハンドジェルを支給します。
・安全対策用品として首から下げるネックライトを支給します。
 R3経セン調査員募集リーフレット.pdf [934KB pdfファイル]  

 ※経済センサス-活動調査以外の調査もありますので、調査員として登録したい方は市の統計担当までご連絡ください。

 

令和3年経済センサス-活動調査について 

 「令和3年経済センサス - 活動調査」は、総務省・経済産業省が都道府県及び市町村を経由して実施する統計法に基づいた調査で、全国すべての事業所及び企業を対象として実施し、統計調査のうちでも最も重要な基幹調査にあたります。 

 日本経済の「いま」を明らかにするための重要な調査となりますので、関係者の皆様にはご協力をお願いします。

  基準日:令和3年6月1日

  調査票の配布:令和3年5月中旬から下旬にかけて順次配布予定

 ※ 詳しくは「総務省統計局経済センサス総合ガイド」からご覧になれます。

 

【お願い】

 関係者の皆様のご理解・ご協力が、必要不可欠です。調査票が届きましたらご回答をよろしくお願いします。(R3調査協力依頼用リーフレット [7292KB pdfファイル]  )

 

【オンライン回答】

 インターネットでのオンライン回答を推奨しています。

 (1)安心のセキュリティ
  ご回答いただく事業所・企業にはそれぞれ個別のログイン用IDが配布されます。
  また、データ送受信は暗号化によって不正アクセスから厳重に守られますので、安心して調査票を提出していただけます。

 (2)簡単な作業
  お手元のパソコンだけで回答ができますので、紙の調査票への記入の手間が省けます。
  ※「【01】調査票(産業共通)」と記載のあります調査票はスマートフォンでも回答できます。

 (3)24時間いつでも回答可能
  皆様のご都合にあわせて、24時間いつでも回答ができます。

 (4)入力内容の一時保存が可能
  一時保存したところから再開が可能です。
 令和3年5月末頃までに配布される調査書類に詳細が記載されておりますので、ぜひ、安心・簡単なインターネット回答をお願いします。
 

令和3年経済センサス-活動調査の概要
 

【調査の目的】 

 (1)事業所・企業の経済活動の状況を明らかにします
   全産業分野の売上(収入)金額や費用などの経理項目を同一時点で網羅的に把握し、日本の事業所・企業の経済活動を全国的及び地域別に明らかにします。
 (2)各種統計調査の母集団情報となります
   事業所及び企業を対象とした、各種統計調査を正確に行うために必要な母集団情報としても活用されます。

【調査の基準日】  

 令和3年6月1日火曜日

【調査の対象】  

 全国すべての事業所及び企業が対象です。ただし、以下に掲げる事業所を除きます。
  ・農業,林業に属する個人経営の事業所
  ・漁業に属する個人経営の事業所
  ・生活関連サービス業,娯楽業のうち、家事サービス業に属する事業所
  ・サービス業(他に分類されないもの)のうち、外国公務に属する事業所

【調査の方法】

 調査は、「調査員による調査」と「直轄調査」の2つの方法で行います。

 【調査員調査】
   知事が任命した調査員が事業所に調査書類を配布し、インターネットによる回答又は記入済みの調査票を回収する方法により行います。
   対象事業所:「単独事業所(純粋持株会社及び資本金1億円以上を除く)」、「新設された事業所」など


 【国直轄調査 】
   国が、民間事業所を活用し、企業の本社などに傘下の事業所の調査票を一括して郵送で配布し、オンライン回答又は記入済みの調査票を郵送で回収する方法により行います。
   対象事業所:「支社等がある企業」、「単独事業所(純粋持株会社及び資本金1億円以上)」など
 

【調査内容】  

 事業所の名称及び電話番号、所在地、経営組織、従業者数、主な事業の内容、資本金等の額、売上(収入)金額、費用総額及び費用項目、事業別売上(収入)金額などを調査します。ご回答していただく項目は、いずれも日本全体の経済活動を明らかにするために必要な項目です。正確な統計を作るためにも、もれなくご回答をお願いします。

【回答の義務】
 調査票を提出する義務があります。経済センサス-活動調査は国が実施する統計調査の中でも特に重要性の高い調査で、「統計法」(平成19年法律第53号)という法律に基づいた基幹統計調査として実施します。
 この法律では
   (1)基幹統計調査を受ける人の報告の義務
   (2)調査関係者には調査によって知ったことを他に漏らしてはならない守秘義務を規定しており、これらの義務には罰則が定められています。なお、調査票にご記入いただいた内容は、統計作成の目的以外(例えば税の資料など)に使用することはありません。

  

【集計結果】 

  ・速報集計結果(産業共通事項に係る集計結果)…令和4年5月末を目途に公表予定
  ・確報集計結果(すべての調査事項に係る集計結果)…令和4年9月頃から順次公表予定
  ※過去に実施した調査の結果はこちらからご覧になれます。(総務省統計局経済センサス総合ガイド https://www.stat.go.jp/data/e-census/guide/index.html )

【調査結果の活用】 

 調査結果は、国及び地方公共団体における各種政策の立案や、民間企業における経営計画の策定など、社会経済の発展を支える基礎資料として広く活用されています。広く活用されています
 1 行政施策上での利用
   ・地方消費税の都道府県間の清算を行うための基礎資料 
   ・中小市街地活性化基本計画の改定や、中山間地域活性化基本方針策定など、各種地域活性化政策の基礎資料
   ・GDPや各種指数等の基礎資料
   ・人口減少問題対策や定住促進など、各種人口政策の基礎資料
   ・地域防災計画の策定や、地震被害想定調査の経済被害の算定など、各種防災委政策のための基礎資料
   ・国民経済計算、産業連関表及び白書等における利用
 2 民間における活用
    店舗の状況を把握するなど、新規店舗の出店計画のための基礎資料
 3 教育分野における活用
    小・中学校の社会の副読本(補助教科書)の参考資料など

【関係サイト】

経済センサス活動調査 キャンペーンサイト https://www.e-census2021.go.jp/
キャンペーンサイトQRコード

SNSで情報をキャッチ
 Facebook https://www.facebook.com/ecensus2021
 Twitter https://twitter.com/ecensus2021 
 

 総務省統計局経済センサス総合ガイド https://www.stat.go.jp/data/e-census/guide/index.html 
 経済センサス活動調査 実施事務局 https://www.e-census.go.jp/
 青森県 県政情報 > 統計分析 > 「令和3年経済センサス-活動調査」へのご協力をお願いします https://www.pref.aomori.lg.jp/kensei/tokei/2021census_01.html