タイトル

今月の表紙

 

広報むつ11月号表紙




今月の特集は「地元で活きようぜ!」と題して、地元に戻って働くことを決めた方々の熱い想いをご紹介しています。
 
 

9月25日(水曜日)

豪華客船飛鳥Ⅱがむつ市に初寄港し、多くの市民がその訪れを歓迎しました。
飛鳥Ⅱ本当に大きな客船です。
大漁旗を振って歓迎してくれた人々。飛鳥Ⅱは大きすぎて接岸できないため着岸へお出迎え
寄港セレモニー後、甲板の上で釜伏山を背景に記念撮影大湊精電社手前ではお土産が買えるブースも。
「またむつ市へ行ってみたい」「今度は夜景も見てみたい」そう思ってもらえるようみなさんと一緒にまちを盛り上げていきたいですね!

10月11日(金曜日)

「空き缶を使ったムチュランアートがある」という情報を手に入れ広報むつはむつ工業高校へお邪魔しました。
アートは設備・エネルギー科2年生の有志がむつ工祭の展示の一つとして作ったもの。なんと、測量技術を使ってムチュランとムチュリーを再現しているのです!
設備・エネルギー科では測量の授業のほかエネルギーの授業もあり、ムチュランアートの隣にある融雪システムの研究もしているそうです。展示後は融雪システムの断熱材代わりとして使用するのだとか。
この日はむつ工祭の準備中でしたが面白そうな企画がいっぱいでした。

測量技術を活かした空き缶アート
升目を作りきれいに並べています撤去後は隣の研究用融雪システムで空き缶を再利用

編集者 今月のお気に入り写真

 撮影したなかで、編集者たちのお気に入りの写真をご紹介します。

 飛鳥Ⅱのお出迎え、お見送りに来てくれた大畑海峡ロデオ
9月25日に初寄港した飛鳥Ⅱをお出迎え、お見送りしてくれた大畑海峡ロデオ。
大畑漁港のある津軽海峡から大間を超えて大平岸壁へやってきたそうです。車なら約40分くらいの道のりですが、船で来るには8時間・・・。
わざわざむつ市に来てくれた飛鳥Ⅱに乗ったみなさんを歓迎するために来てくれたこの方々のおもてなしの心に感動しました。
ぜひ今月の広報むつをご覧ください。
広報むつは毎月25日(25日が土曜の場合24日、日曜の場合26日)発行です。
 

広報むつはこちらをクリックしてご覧ください。 → 広報むつロゴ