記者発表動画

質疑動画

発表事項

1 下北ジオパーク推進協議会の新たな連携協定と海洋地球研究船「みらい」就航20周年記念イベントについて

 7月7日(金曜日)午後2時から、国立研究開発法人 海洋研究開発機構むつ研究所において、下北ジオパーク推進協議会と同法人の包括連携に関する協定締結式を開催いたします。
 下北ジオパークが今後、持続的に発展していくためには、地質学や地形学、海洋学など学術面でのより一層の充実が不可欠であり、それを支える研究機関の支援が必要となります。『海と生きるまさかりの大地』下北ジオパークの学術研究が、世界レベルでの研究実績のある同法人との連携により向上し、ユネスコ世界ジオパーク認定への第一歩になることを期待しています。
 また、翌8日には、海洋地球研究船「みらい」就航20周年記念イベントが開催されます。
 船体の一部が『原子力船むつ』となっている海洋地球研究船「みらい」は、当市を母港とする地球規模での海洋観測船ですが、就航から20周年の節目を迎えることになりました。「みらい」の20年間に渡る活躍を記念し、8日(土曜日)には、むつ来さまい館で「みらい」の20年の歩みや、観測・研究成果を発表する講演会を、さらに9日(日曜日)には、ジャムステックむつ研究所で「みらい」の一般公開が行われます。この機会にぜひ会場に足をお運びください。

 【配布資料】海洋地球研究船「みらい」就航20周年記念事業チラシ [756KB pdfファイル] 
 

 2 乳がん検診受診率向上の取組について

 乳がん検診の受診率が、全国、県の受診率に比べ非常に低い状況の改善を目指し、女性職員が中心となって検討してきたプログラムを正式に推進することといたしました。「ムチュリー・ピンクリボンプロジェクト」によって、市民の皆様がいつまでも家族仲良く幸せに過ごせることを目指してまいります。

 【配布資料】ムチュリー・ピンクリボンプロジェクト.pdf [600KB pdfファイル] 
 

3 西通地区簡易水道統合事業について

 川内地区の水道については、合併以来、浄水場と水道管の老朽化により、地域住民の皆様にはご不便をおかけすることが多く、一昨年には地域全体が断水する事案も発生しましたが、この度、八木沢浄水場が完成いたしました。これにより、川内地区のほぼ全域に、下北の自然の恵み「おいしい水」を配水することができるようになりました。
 50年に一度の大事業の完成。そして地域住民の方が待ち望んだ事業でもありますので、7月6日(木曜日)午前9時30分より、現地において通水式典を開催いたしますので、ご報告いたします。
 残りの簡易水道地区につきましても計画的に整備を進めてまいりたいと考えております。

  • 日 程:平成29年7月6日(木曜日)午前9時30分から
  • 場 所:八木沢浄水場
     
4 職員研修における金融機関との連携・協力について

 当市は、平成28年度にみちのく銀行様等の4つの金融機関と地域創生に係る包括連携協定を締結しておりますが、そのつながりにより7月20日(木曜日)に同行の協力を得て、市の管理職職員から若手職員まで幅広い年代を対象とした「ビジネスマナー研修会」を開催することとなりましたのでご報告申し上げます。
 職員の資質向上、接遇力の向上については、本年度からむつ市職員行動指針を定めているところですが、その具体的な取組として、接遇マナーについて民間企業のやり方を取り入れ、サービスの向上を図ろうとするものです。市役所内でのサービス向上により、市民満足度を上げる不断の努力をしていきたいと考えています。

  • 日 程:平成29年7月20日(木曜日)
  • 対 象:管理職から新採用までの職員
     
5 イルカウォッチングの実施結果について

 5月3日から実施されておりました夢の平成号「イルカウォッチング」は6月18日をもって無事終了することができました。
 運行開始から5月中頃までは、悪天候による欠航やイルカが見られない日もありましたが、5月下旬からは欠航も少なくなり、毎日のようにイルカと遭遇できる状況となりました。私も2度乗船し、イルカウォッチングを楽しみました。イルカを見つけるととても興奮しますし、イルカが船の近くを泳ぐ姿に非常に感動しました。
 イルカウォッチングに、多くの方々に乗船いただき、脇野沢地域の観光振興及び経済活性化に繋がったものと考えております。次年度以降もお客様に喜んでいただける新たな仕掛けを加え、更なる地域経済活性化へ向け取り組んでまいります。

 【配布資料】イルカウォッチング実施結果 [433KB pdfファイル] 
 

6 桜満開プロジェクト企画「花咲か大作戦」について

 来年には満開の桜を市民の皆様にお届けすることを約束し、「桜満開プロジェクト」を設置したところでございますが、これまで弘前公園や合浦公園での管理体制や桜守への聞き取り調査など、来年の桜満開に向けた対策について検討しておりました。
 調査結果によると、満開の桜を咲かせるには桜への十分な肥料の施し、害虫駆除のための薬剤散布、そして害鳥(ウソ)の追い払いといった基本的な対策をどれだけ行うかに尽きるとのことであります。そこで、桜満開への第1アクションとして、7月22日(土曜日)に市民の皆様も巻き込んだイベント「花咲か大作戦」を、早掛沼公園と水源池公園において開催いたしますので、ご報告いたします。
 このイベントでは、公園内にある桜への肥料の施しやウソの追い払いに効果的な機械のデモのほか、ご家族や友人と一緒に楽しみながら桜の手入れを行うことを企画しておりますので、ふるってご参加いただければと思っております。

  • 日程:平成29年7月22日(土曜日)午前9時30分から
  • 場所:早掛沼公園・水源池公園

 【配布資料】桜満開プロジェクト「花咲か大作戦」 [601KB pdfファイル]  

 


  「PDFファイル」をご覧になる場合、ADOBE READERが必要です。
ADOBE READERをインストールしていない場合は、

 こちらからダウンロードしてください。→アドビリーダーダウンロードアイコン