記者発表動画

質疑動画


 

発表事項

1 ラジオ番組のスタートについて

 4月9日、日曜日の朝7時から「宮下宗一郎のつながるラヂオ」がエフエム青森でスタートします。毎月第2日曜日の朝7時からのレギュラー番組で半年間、市長がパーソナリティーを務めます。
 毎回、多彩なゲストをお招きして、むつ市の政策をPRさせていただくとともに、その都度のイベント情報などをお知らせします。

2 関根中学校建設事業について

 関根中学校新校舎は、平成30年度前半の完成を予定しており、小中一貫校として児童生徒の交流ゾーンとして多目的ホールを整備するほか、地域の方々との交流スペースを計画しています。
 交流スペースのデザインや使い方については、地域性を高めるため、地域の方々や児童生徒、先生のほか、アドバイザーとして有識者2名に参加していただき、「学校と地域をつなぐ場所づくり」をテーマにワークショップを開催する予定です。

3 エーザイ株式会社との「認知症とともに生きる地域づくり」に関する連携協定締結式について

 認知症に対する理解の促進、早期発見・治療への取り組み等、認知症の人が安心して暮らし続けることができる地域づくりのため「ヒューマン・ヘルスケア」をスローガンとし、社会貢献活動を会社全体で推進しているエーザイ株式会社と連携と協力に関する協定を締結します。
 この連携協定により、エーザイ株式会社からは、認知症を正しく理解するための市民向け・専門職向け研修等に対する資材の提供や、他自治体等の先進的な取組の情報提供と情報交換をする予定です。

 ○協定締結式
   日時 平成29年4月26日 水曜日 午後3時30分
   場所 庁議室

4 ふるさと納税について

 このたび、当市ふるさと納税の象徴として、寄附額100万円の返礼品に採用しております「青森ひばの浴槽」について申し込みがありました。ご寄附いただいた方は沖縄県在住で、「当市のひば製品に非常に魅力を感じた」とのことであります。
 今回の寄附を含めた平成28年度の実績見込みは、寄附件数4,198件、金額9,620万円となっており、昨年と比較し寄附件数で2,073件、金額で4,778万円の増となり、件数、金額とも約2倍の延びとなりました。
 平成29年度は、自慢の特産品を用いたふるさと納税の取り組みを継続し、農業、漁業、加工業など生産現場の活性化を図りつつ、寄附額1.5億円を確保してまいります。
 


 

  「PDFファイル」をご覧になる場合、ADOBE READERが必要です。
ADOBE READERをインストールしていない場合は、

 こちらからダウンロードしてください。→アドビリーダーダウンロードアイコン