記者発表動画

質疑動画

発表事項

1 自衛隊のまち「むつ」大湊海自カレー展開事業について

 市では、観光交流人口拡大による地域の活性化に繋げるため、海上自衛隊大湊地方総監部にご協力いただき、海上自衛隊大湊基地に所属する艦艇等で食されているカレーを、市内の飲食店で提供する事業を展開します。
 艦艇所属の補給員から提供を希望する市内の飲食店へ調理法を伝授し、最終的に艦長等により味などの確認後、認定をいただいてからの提供開始となり、早ければ、今年の5月から6月頃の提供開始を目指していきたいと考えております。このことについて、むつ商工会議所と海上自衛隊大湊地方総監部にご協力頂き、効果的に事業を推進するため、今月6日、海上自衛隊大湊基地所属の「護衛艦せとぎり」艦上にて、事業連携協定締結に係る調印式を開催する予定としております。
 さらに、今後、大湊海自カレー普及に係る新たな組織を設立する予定としておりますので、新たな企画、立案、商品開発等多様な広がりが期待できるものと考えております。「大湊海自カレー」が新たな観光資源として誕生し、全国へ魅力を存分に発信することで、安渡館ですでに販売している「大湊海軍カレー」と併せて、カレーを味わっていただきながら、むつ市と海軍・海上自衛隊の歴史も味わっていく取組で、地域経済活性化の起爆剤としていきたいと存じます。
   大湊海自カレー資料 [612KB pdf] 

2 下北ジオパーク認定記念シンポジウム「ジオがつなぐ 下北の未来」について

 2月12日、むつグランドホテルにおきまして、下北ジオパーク認定記念シンポジウム「ジオがつなぐ 下北の未来」を開催いたします。
 私は、常々、ジオパーク認定はゴールでは無く、これから始まる地域づくりの「スタート」ラインに立ったに過ぎないものと話してきました。その意味でも、認定された翌年度以降の活動が重要であり、下北ジオパークにおきましても「ジオパークを目指す」から「魅せるジオパーク」づくりへシフトする必要があると考えております。
 このたび開催する認定記念シンポジウムでは、現在は早稲田大学名誉教授としてテレビ番組などでもご活躍なされている北川正恭(きたがわ まさやす)氏を講師にお招きした基調講演などを予定しております。
 これからの地域づくりや下北ジオパークの活動のヒントを得られるシンポジウムを計画しておりますので、多くの皆さまにご参加いただければと思います。今後も下北ジオパーク活動へのご協力をお願いいたします。

3 4市町村長懇談会の要請活動について

 原子力関連施設が立地するむつ市、六ヶ所村、大間町、東通村の4市町村長で組織しております4市町村長懇談会による、原子力発電及び核燃サイクルの推進と立地地域への支援に係る国・県に対する要請活動を昨年度に引き続き行うこととしました。
 日程についてですが、青森県へは2月14日、経済産業省へは翌15日に行う予定で調整中です。場所、時間等は、詳細が決まり次第、改めでお知らせいたします。

4 「子育て応援メールむつ」について

 むつ市では、子育て支援の一環として、あらかじめメールアドレスを登録していただいた方の携帯電話やパソコンに、乳幼児の健診や予防接種の日程、イベントなど子育てに関連した情報を電子メールでお知らせする、「子育て応援メールむつ」を、本日、2月1日から配信します。
 主な配信内容は、「健診・保健関連の、妊婦さんやお子さんの健診・予防接種などの日程情報」、「イベント・講座関連として、キッズパークなどで行われる、子どものイベントや子育てに関する講座等の開催情報」、「子育て中のご家庭に役立つ情報として、子育て支援に関する各種制度や手続きに関するお知らせ」などとなっています。
 配信は、現在運用中の、防災メール自動配信システム「防災・かまふせメール」に機能を追加して運用するもので、子育て情報発信の拠点施設に位置づけているキッズパークが行います。登録は無料ですので、子育て中のご家族の皆様のご利用をお願いいたします。
  子育て応援メール資料 [161KB pdf] 

5 むつ市の人口について

 平成28年12月31日現在の住民基本台帳におけるむつ市の人口は、前月と比較して91人減の59,944人となり、川内町、大畑町、脇野沢村との4市町村合併以降、初めて6万人を下回りました。
 人口減少の流れは過去からの推移でありやむを得ないものではありますが、人口減少のスピードを緩やかにする取組を引き続き進めて参りたいと考えています。

6 糸魚川駅前大火の募金について

 12月22日、ユネスコ世界ジオパークにも認定されている糸魚川ジオパーク地域で大規模火災が発生し、大きな被害がもたらされたことから、被害を受けた方々を支援するため下北ジオパーク推進協議会会員のむつ市、東通村、風間浦村において募金箱を設置しました。
 3団体6か所に設置した結果、募金総額10万円を糸魚川市に支援募金として贈ることとしました。
 


  「PDFファイル」をご覧になる場合、ADOBE READERが必要です。
ADOBE READERをインストールしていない場合は、

 こちらからダウンロードしてください。→アドビリーダーダウンロードアイコン