記者発表動画

質疑動画

発表事項

1 むつ市議会第229回定例会提出予定議案について

 本定例会への提出議案を別紙配付資料のとおり予定しておりますが、私からは、はじめに、議案第55号 平成27年度むつ市一般会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 平成27年度の実質収支は、各種財源対策が功を奏し、黒字決算を維持することができました。
 具体的には、実質収支では約4億6,777万6,000円の黒字になる見込みであり、財政調整基金を加味した実質単年度収支では約4億232万5,000円の黒字になる見込みであります。
 しかしながら、今後におきましても、大畑診療所資金不足の早期解消とむつ総合病院に対する債務負担行為の計画的な履行を進めていかなければならない一方で、合併算定替えに係る普通交付税の段階的減少や交付単価の縮減に伴う電源立地地域対策交付金の減少による大幅な財源の不足により、財政健全化団体への転落が危惧されますことから、今後におきましても、歳入に見合った財政規模への転換を図り、真に必要な事務事業を見極めながら効果的で効率的な行政運営を目指すべく、徹底した財政改革に取り組んでまいりたいと考えております。
 次に、議案51号 平成28年度一般会計補正予算に計上した主なものについてご説明いたします。
 1つ目は、ふるさと納税関連費、およびふるさと納税寄附金基金積立金です。
 ふるさと納税寄附金に係る返礼品ラインナップの見直しや、パンフレットの刷新と積極的な配布により、寄附される方が増加していることから、返礼に要する経費のほか、更なる寄附件数の増加を図るため、ご寄附いただいたみなさまへの新しいパンフレットを送付するための経費として、2,060万5,000円を追加し、あわせて、ふるさと納税寄附金の増額に伴い基金積立金5,000万円を増額します。
 2つ目は、下北医療センター負担金です。
 一般社団法人むつ下北医師会が指定管理者となっている、むつリハビリテーション病院の平成27年度決算に係る収益的収支の赤字が確定したことにより、基本協定に基づき赤字補塡する下北医療センターに対し補助金3,913万6,000円を増額します。
 3つ目は、離島航路運航維持事業費補助金です。
 青森港と脇野沢港、および佐井港を結ぶ航路を運航するシィライン株式会社の前年度欠損金を国、むつ市および佐井村と協調補助するものでありまして、平成27年度の欠損金が確定したことに伴い、平成28年度当初予算で措置した補助金との差額分2,671万2,000円を増額するものです。
 次に、議案46号 むつ市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。
 これは、ゴミの種類により価格差を設け、ゴミの減量とリサイクル意識の向上を目的として、ゴミ手数料を値上げします。
 詳細については、民生部長からご説明いたします。

[民生部長説明]
 市指定ごみ袋の有料化は、旧むつ市で平成7年度から実施してきており、平成15年度に一度値上げしましたが、市町村合併により現在の価格となったことから約20年間改定していない状況にあります。
 この間、原材料費の高騰等により制作費等が値上がりしてきたことと、ここ数年ごみの減量になっておらず、平成26年度の市民1人1日当たりのごみ排出量が1,180gと県下ワースト3位となっていることから更なる減量とリサイクルの分別意識の向上とともに受益者負担の適正化を図るため料金改定を行うものです。
 今回の提案にあたり4月に廃棄物減量等推進審議会に諮問し、7月に答申を受けた内容を踏まえた料金改定としました。内容的には、ごみの種類により価格差をもうけ、ごみの減量、リサイクル意識の向上へと誘導したいとしております。家庭でもごみにお金を掛けたくないことは市でも同じであり、市民のみなさま全員で減量することにより、ごみ処理経費を抑えることで将来的には財政負担の軽減にもつながるものと思っております。 

【資料1】むつ市議会第229回定例会提出予定議案 [94KB pdfファイル] 

【資料2】平成28年度一般会計9月補正予算概要 [64KB pdfファイル] 

2 2016年・日本ジオパークネットワーク加盟申請に係る審査結果報告会について

 今年度の日本ジオパーク申請に関する審査結果が発表される日程が決定しました。
 審査結果は、9月9日の午後3時ごろに電話にて連絡が来ることとなります。私が直接電話を受け、そのまま結果報告を行います。これまでのジオパーク活動の総決算となります。認定となれば、各種団体、そして住民のみなさまとともに、この喜びを共有したいと考えておりますので、多くの方々にご出席いただいた上で、吉報を待ちたいと思っています。
【資料】2016・日本ジオパークネットワーク加盟申請に係る審査結果報告会について [46KB pdfファイル] 

3 平成28年度 会津若松市との交流事業について

 むつ市と会津若松市は、その歴史的な絆から昭和59年9月23日の姉妹都市盟約の締結以来、行政のみならず、教育・文化・物産等、様々な交流を続けてきております。
 その交流事業の一つとして、4年に1度の相互訪問を続けてきており、平成28年度は、私や浅利市議会議長を始めとする市議会議員の方々と一緒に9月24日から9月25日の日程で会津若松市を訪問し、友好関係を深めてまいります。
 具体的には、9月23日から25日に行われる会津まつりの最終日に行われる、先人感謝祭と会津藩公行列出陣式、および会津若松市との交歓会に参加し、先人の労苦のあとを忍びながら、更なる両市の相互理解を深めてまいります。

東京電力福島第一原子力発電所の視察について

 震災から5年が経過し、福島の再生はどこまで進んでいるのか、現在の廃炉に向けた取り組みや汚染水対策の現状と効果などについて、事故収束の現場を9月26日に視察してまいります。
 


  「PDFファイル」をご覧になる場合、ADOBE READERが必要です。
ADOBE READERをインストールしていない場合は、

 こちらからダウンロードしてください。→アドビリーダーダウンロードアイコン