個性的で魅力あるまちづくりを行うため、市民の皆様からまちづくりに関するアイデアを募集し、政策として実施する「市民政策提案」は、今年度も「高校生元気ふるさとアイデア選挙」とあわせて実施します。

高校生元気ふるさとアイデア選挙とは

  若い世代の市政参画を促し、市民協働のまちづくりを推進することと、18歳以上に選挙権が拡大したことから、市内の高校生を対象に「むつ市の人口減少・少子高齢化を解決するアイデア」、「観光やまちのにぎわいを増やすアイデア」、「地域の経済を元気にするアイデア」の中から一つのテーマを選らんでもらい、提案を募集します。提案されたアイデアの中からより良いアイデアを高校生自らが模擬選挙で決定し、選挙で選ばれた良いアイデアを提案したチームは、「市民政策提案」として市民協働まちづくりコーディネーターと行政との合同審査会において審査され、優秀なアイデアと認められたものは市政に反映します。

 高校生元気ふるさとアイデア選挙チラシ [1730KB pdfファイル] 

 応募者の要件

 市内の高校に通う高校生が対象です。テーマを一つ選び提案してください。
 ただし、提案する際は3名以上のグループで提案してください。

提案内容

 提案内容は、次の要件のすべてに該当するものです。

  • 高校生がむつ市や市民等と協働して実施する「むつ市の人々を幸せにする仕事」

 なお、提案数は各グループ一つまでとします。

提案に必要な書類

提案書(様式) [223KB pptxファイル] 

提案書(様式)PDF版 [252KB pdfファイル] 

 様式はこのページからダウンロードできるほか、市民連携課で配布しています。また、ご要望があれば郵送します。
 なお、提出いただいた提案内容は、模擬選挙の選挙公報等で公開しますのでご承諾ください。

アイデア選挙の流れ

募集期間

 平成29年9月29日金曜日までです。

提出先

 提案書は通っている高校へ提出してください。

選挙告示

 提案された政策をもとに、グループ名と政策内容を記載した選挙公報を市が作成し、各高校へ配布します。
 選挙実施は10月下旬を予定しています。

投票

 一校ずつ投票日を設け、市内の高校生が優れた提案をした提案者へ投票します。高校生による投票で選ばれた5件の提案が審査会へ進みます。

 

開票

 平成29年10月27日 17時30分から むつ市役所

審査会

 提案者からのプレゼンテーションによるコンテスト形式で行います。審査員は、市民協働まちづくりコーディネーターの皆さんと宮下市長が務め、最優秀賞のグループには記念品を贈呈し、そのアイデアは何らかの形で市政に反映されます。

 日時 平成29年12月16日(土)

 場所 下北文化会館大集会室