おかえりネット(むつ市認知症SOSネットワーク)に事前登録しませんか?

 おかえりネットとは、認知症により行方不明となる可能性がある方などが身体的特徴や写真などを事前登録していただくことで、関係機関や見守り協力事業者の方と連携して、日常的な見守りや、もし、行方不明になった場合には、少しでも早く発見し、安全にご家族のもとに戻れるように支援するためのネットワークです。

※事前登録された方には、個人を識別できる番号が書かれた携帯カードと反射材シールの「見守りグッズ」をお渡しします。見守りグッズを携帯した高齢者等の方が事故や行方不明等の緊急である旨の通報を受けた場合、市では登録者の緊急連絡先に速やかに連絡します。

事前登録できる方

●おおむね65歳以上で、認知症の症状がある方

●徘徊により行方不明になる可能性のある方

 事前登録の方法

むつ市保健福祉部地域包括支援センターに以下のものを提出してください。

●申請書(おかえりネット登録申請書、おかえりネット登録票)

●登録者の特徴が分かる写真2枚(正面、全身)

もし行方不明になったら?

 行方不明が発生した場合、行方不明の情報が市から見守り協力事業者や市内の地域包括支援センターへFAXされます。FAXで情報を受けた協力事業者等は、通常の業務や生活の中での行方不明者を気にかけたり、本人を見かけた場合には警察や市に連絡します。

※見守り協力事業者には、具体的な捜索活動を依頼するものではなく、可能な範囲での協力、情報提供をお願いしています。 

おかえりネット パンフレット
おかえりネット 申請書