ようこそ ~ 人と自然が輝く やすらぎと活力の大地 陸奥の国 ~ へ

むつ市とは

「まさかり」を模る下北半島の中心に位置する本州最北の市です。三方を津軽海峡、陸奥湾、平舘海峡に面し、豊かな山林に囲まれ、夏は冷涼で過ごしやすく、冬は長い期間多くの積雪に見舞われる風土となります。現在、活気にあふれる6万人の市民が生活しています。

  

移住した先輩たちの声

Iさん(男性・30代・環境関係に勤務・東京都から移住)

移住のきっかけは何ですか?

自然に囲まれた場所で職に就きたいと思っていた私は、本州最北の地域であり特異な風土のむつ市に惹かれ、移住を決めました。

休日はどのように過ごされていますか?

地域のジオサイトを巡っています。コンクリートの建物に囲まれた世界から来た私にとって、見るもの、触れるもの、感じるもの全てが新鮮です。また、食には大きな魅力を感じます。イカ、ホタテ、サーモンなどの魚介類は、都会では決して味わえるものではありません。

気になることや困ったことはありますか?

引っ越した直後は、深夜に営業している店が少ないと感じていました。チェーン店の種類もないので、不便であると強く思い込んでいましたが、しばらく生活してみるとそれは先入観であり思いのほか不自由がないと気づきました。

Kさん(女性・40代・専業主婦・静岡県から移住)

移住するきっかけは何ですか?

結婚を機に夫の勤務地であるむつ市へ引っ越しました。

平日はどのような生活をされていますか?

2人の子どもが登校してから、プールで泳いだり、おかしづくりや食品の買い出し、春から秋にかけては草取り、冬は雪かきなどの家事をこなしています。

ちょっとしたエピソードをお聞かせください

移住してから間もない頃は、凍結した路面の上を歩くことに慣れず、車から降りたとたんに転倒し骨折したこともありました。それでも、積雪量は想像していたよりは少なく、雪の質もさらさらとしたパウダースノーの状態のときが多いため、除雪作業で困ることは少ないです。今では子どもたちとウィンターライフを楽しんでいます。

気になることや困ったことはありますか?

総合病院に通院する方が多く、診察までの待ち時間が長くなっていることは気になるところです。

アクセス

鉄道
  • 八戸駅から青い森鉄道で約50分、野辺地駅から大湊線で約1時間、下北駅から車で約5分
  • 七戸十和田駅から予約制タクシーで約1時間30分
飛行機
  • 青森空港からバスで約40分、青森駅から青い森鉄道で約40分、野辺地駅から大湊線で約1時間、下北駅から車で約5分
  • 三沢空港から予約制タクシーで約1時間50分
自動車
  • 東北自動車道青森東ICより約2時間
  • 八戸自動車道八戸北ICより約2時間

関連情報サイト

むつ市への移住情報に関するご意見・お問い合わせは

担当:企画調整課 企画グループ

電話:0175-22-1111(内線2312) FAX:0175-23-4108

E-mail:mt-kikaku@city.mutsu.lg.jp